Uncategorized

絶え間なくボルチオイキする20歳女子大生のNさん

投稿日:

私がお相手する女性は皆様イクことに何かしらの問題を抱えている方が多いので、中でも外でも問題なくイクことができるNさんから連絡をもらった時は少し驚きました。
電話では面白い半分で性感マッサージを体験してみたいということでしたが、会って詳しく話するとどうもボルチオでちゃんとイったことがないので、イケるよう開発をお願いしたいという事でした。
施術に入った後もよく喋るNさん。とにかく陽気で気さくな性格で、プライベートなことも色々と話してくれました。
しかし通常のマッサージでは物足りなかったのか、時間の経過と共に活発さも影を潜め、最後には寝息が微妙に聞こえてくる始末。
マッサージが終わりに近づくと目を覚まし、少しバツが悪そうに「気もちいいから寝ちゃった」と苦笑いで私に気を使ってくれました。
性感マッサージになると一転して声を抑える素振りも無く快感に身を任せているのが印象的でした。自分に正直というか、その時の感情をそのまま表に出す才能があるようでした。

このNさん、実は着やせするタイムのHカップ、写真では分かりませんでした。
私は大きいほど良いとか言う巨乳マニアではないのですが、ふくらはぎのマッサージを終え全面の施術のために仰向けになってもらうと、あらためてそのボリューム感に圧倒されました。
Aさんの要望で特別念入りに胸を愛撫しましたが、指からはみ出る肉感と脇から中央に寄せる際に感じる重量感は今でも手に感触が残るほど印象的ものでした。
「巨乳は鈍くてつまらない」が世間一般では常識的になっていますが、私の経験には当てはまりません。
今回のNさん以外にも高感度の巨乳女性は大勢いらっしゃいます。

施術は続き、乳首への愛撫し終えると性器に手を滑らせ焦らすように周囲を撫でていきます。同時に体外式ボルチオ開発を始めます。
後から聞いたのですが、外から子宮を揺らすように刺激した時すでにイキそうな雰囲気があったそうです。
ボルチオの快感をより感じとれるように乳首とクリを同時に刺激していきます。
クンニも交えながら手を変え品を変えてクリを愛撫すると、思いのほかあっさりと今回最初のイキ。
さらに膣に指をもぐり込ませて、子宮に刺激を与えるため子宮口に指を軽く触れるようにして置き、腕全体を動かすようにわずかに上下に動かしていきます。
好みを見極めるため腕を揺らす速度や幅、指を当てる強さや、指に伝える振動具合を変えてNさんの反応を見ます。

彼女の快感への反応も掴めてきたので、彼女が感じる素振りをする刺激を与える動きを維持しながら子宮への刺激を継続させます。
すぐに「イクイクゥウク」と声を上げはじめ、しかも止まらなくなったところで、最初のボルチオイキを記録。
その後も何度も同じ刺激でイキ続けます。

振動のバリエーションをさらに増やすために子宮口に当てる指を2本に増やし、子宮を揺らしていきます。
腕からの振動に加え、指を上下に動かし、指が届く位置も微妙に変えながら様々な刺激を子宮に与え続けます。
Nさんがよく反応するのは腕の振動を強めたときで、この刺激だけでもNさんは何度もイッてしまうようでした。
終わり無く連続してイってしまう、これがボルチオでイク特徴です。
Gスポットも中でイクタイプですが快感のレベルが高いために1度イッたら果ててしまう女性も少なくないのですが、ボルチオはそこまで激しいイキではないので長い時間緩いイキを楽しむことができます。
男性のテクニックが確かであれば女性がボルチオでイキ続けることだって不可能ではありません。

しかし、今回のNさんのように初対面の男性を相手に激しく声を上げながらイキ続けるのは実は稀なんです。普通は好きな男性でないと微妙は快感があるだけ、なんとなくイッたかもぐらいで終わります。
Nさんがここまでボルチオで上手くイケたのは彼女の性格によるものが大きいと思われます。
彼女の素直で裏表のない大胆な性格と、彼女の天性のイキやすさがあって初めて実現できたことでしょう。

Nさんはまだまだイキ足りない感じでしたが既定の時間になりましたので施術を終えます。
帰りは流石のNさんも少し疲れた感じが顔に出ていました。
今回のボルチオ刺激がたいそう気に入ったのか帰り際に「彼にもさっきの手マンみたいなの勉強してもらいたいけど無理かなぁ」とボヤキ気味に呟いていました。
さすがに若いカップルと揉め事は簡便なので、最近バズッた動画で見たと言って欲しいと断った上で、簡単にポイントだけかいつまんで説明しました。
その日に会った場かりの男相手にあれだけ激しくイキ続けた彼女が、心通わす彼氏にボルチオ刺激されたら大事になるんじゃないか……。一抹の不安を感じながら、その場を去りました。

-Uncategorized

Copyright© 中イキ・膣イキオーガズム体験ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.