Uncategorized

【Gスポット刺激で初中イキ】性感マッサージで初めて膣内が気持ちよくなった体験談

投稿日:

今回の出逢いは30才になったばかりのMちゃん。スレンダーな清楚美人で、一目見た瞬間から熱くなる衝撃が走った(美人限定で募集はしていない…)
Mちゃんは、ホテルに着くまでも、着いてからもやはり微妙に緊張しているようです。それは当然のことだ。初対面でホテル行くことは誰でも緊張するものである。こんな時に効果的なのはアロママッサージ。最初は緊張した会話もマッサージしながらであれば、気持ちも身体もほぐれてくる。緊張を解すためにも長めにマッサージ
「マッサージ、プロみたいで気持ちいいです…」
マッサージ自体を褒められるのは本当に嬉しい。マッサージでふくらはぎから、太ももへ。そして、上へと進む。引き締まったくびれから、華奢な肩までソフトタッチを加えます。
「気持ちいぃ…」
先程とは違う甘い声でそう呟くMちゃん。吐息が聞こえる。快感に耐える姿にこちらも興奮してきてしまった。
「気持ちいいんだ?じゃあこれは?」
「気持ちいい…です」
「気持ちいいときはちゃんと言わないと分からないよ?」
くびすじから耳も軽くなぞり、
「いやっ!…」
感度も高まってきているのがわかる。
ここからは早いもんだ。
マッサージも忘れ、四つん這いに、お尻を突き出すよう指示をする。オイルを塗るお尻はもう鳥肌になっています。
「あんっ…きもちいいですぅ…」
Mちゃんは羞恥心が強いタイプだ。えっちな事を言葉にする事で赤面しているのがわかる。
あえて卑猥な言葉を出すように言う。

太ももからお尻まで焦らすようになでる、少しだけ割れ目とクリを優しくなぞる
「ここを触って欲しいの?ちゃんと言わないと」
「...いじわる。」
快感にMちゃんの腰が沈んだ。
「ちゃんとお尻突き出さないとやめちゃうよ?」
突き出したお尻は、紐みたいに細くなった紙パンツの一部だけで隠れている状態だ。四つん這いのまま手を伸ばし胸を触る。
「乳首も触って欲しい?」
「お願い、、、あん…」

トロトロになったあそこを電マでクリトリスを刺激。
時折強さと振動のパターンを変える。恥ずかしがっていたMちゃんもすっかりあえぎ声ばかりになってきた。
緊張はもうない。

目が合うと恥ずかしがるMちゃん。集中してもらう為にもアイマスクをさせる。
アイマスクは感度を上げる効果もある。
目隠ししたまま、左右の乳首を交互に舐めると甘い声がもれてるのがわかる。赤面もしている。
手マンでGスポットを刺激しながらクリトリスへのクンニを同時にする。
「あんっあん。気持ちいい!気持ちいぃ…」
どんどん濡れてきている。
この愛撫は女の子によっては段々しんどくなってくるので確認しながら進める。Mちゃんはずっとやって欲しいぐらい気持ち良さそうだ。

お互いすっかり気持ちが高まってきた
「そろそろいれてもいい?」
すると抱きついてくれて
「挿れて下さい」
不覚にもあまりにも可愛くて更に興奮

正常位でゆっくり挿入
愛液で中までぬるぬるで温かいのがわかる。
「きもちいいです!きもちいぃ!」
とても相性がいいようだ。
Mちゃんの可愛いくて小さい胸が揺れる。奥まで入れても痛くないようで、奥まで挿入を繰り返す。
体位を変えて
「これが松葉崩しだよ…気持ちいい?」
何故か悦びの表情を浮かべている。僕の日記で知らない言葉を調べてくれていたようで、
「日記で読んで調べてくれたのはこの体位のこと?気持ちいいでしょ?」
「(頷いて)気持ちいいです…」
気持ちが最高潮になりつつある。
正常位で戻って抱き合いながら挿入する。
Mちゃんの赤面した顔に近づく。
キスをしながら、肌を感じ、気持ちは最高潮。

ここで堪らず射精してしまいました。

余韻を楽しむ間も無く勃起してしまった。
すぐに2回目。まずは横になってのバックでお尻から音がするぐらい激しく突く。
Mちゃんもとても気持ち良さそう。
そして経験が殆どないという寝バックへ。クリを指で刺激しながら奥までじっくり挿れる
「寝バックはどう?」
「(小さな声で)これもいい」
ここでもクリトリスを指で刺激しながら突く。
何度も繰り返した後に正常位に戻る。
二人ともすっかり愛を深めていた。

「何度もイクの我慢しちゃってたんです。」
とMちゃんが言う。
「Mちゃんがイキたいと思うタイミングで良いよ(イカせたくなる気持ちもあるが…)」
2回戦も早くに結末を迎えてしまった。
気づけば、でなければいけない時間も迫っていた。
帰りにはすっかり打ち解けていた。恋人のような手繋ぎまでしてくれたけど、たぶんこっちの方が照れていた。
再会を約束して恋人のように去っていくMちゃん。寂しい気持ちが残る。また会える日を楽しみにしています。

-Uncategorized

Copyright© 中イキ・膣イキオーガズム体験ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.