Uncategorized

【彼氏でイク事が出来ない】欲求不満で中イキ経験をしてみたい性感マッサージ

投稿日:

さて今回のお相手はというと、エッチな事に興味津々な19歳の専門学生Iちゃん。
彼氏とのセックスでイク事ができずに欲求不満気味のようで、マッサージの依頼を受けました。

マッサージ当日の事です。
待ち合わせ時間前にIちゃんから連絡が。
「すみません、生理がきちゃいました…。別の日にした方がいいですよね?」
最近すっぽかされたり、ドタキャンされたりが続いていたので、簡単には信じられませんでした。
ですが、Iちゃんはすぐにメッセージを送ってくれたんです。
「嘘じゃない事分かって欲しいから、お会いするだけお会いしておきましょうか?」
Iちゃんの事を疑ってしまった自分が、少し恥ずかしくなりました。

時間通りにやって来たIちゃんは、明るい笑顔で懸命に謝ってくれました。
「予定日じゃないのにいきなりきちゃったから、本当にびっくりしてるんです!」

わざわざ来てくれたIちゃんをこのまま帰すのも忍びない気がしたので、お試し感覚での軽いマッサージをしましょうかと投げ掛けると、二つ返事でOKしてくれました。

肩こりや身体の張りは全くないというIちゃん。
初めの脚のマッサージから、性感寄りのソフトなタッチで攻めていきました。
リラックスしているのかと思いきや、初めからエッチモード全開なIちゃん。
脚へのオイルマッサージだけで、お尻をくねくねとさせています。
鼠蹊部のマッサージでは刺激が強過ぎるのか、無言でまたお尻をくねくねさせながら、気持ち良さを何とか我慢しているようでした。
19歳と若いIちゃんには刺激的過ぎるかな?とも思いましたが、ここまできたんですから遠慮なく攻める事にしました。
Iちゃん曰く、年上の彼氏は前戯も全くなくすぐに挿れてしまうそうです。
こんなに敏感な身体なのにもったいない…。

うつ伏せにして、腰や背中、脇腹、肩、首筋と全ての部分を性感的なソフトタッチで攻めていきます。
「何だかおかしくなっちゃいそうです…」
こんな風に攻められたり焦らされるのは、ほとんどされた事がないそうです。
前戯もしてくれない彼氏なら、当然かもしれませんね。
指を滑らせると、びくんと身体を反応させながら悦ぶ顔をしているIちゃん。

遠慮する事もないので、四つん這いになったIちゃんの鼠蹊部からあそこの割れ目の周り、そしてお尻を丁寧に撫で上げます。
それまで無言だったIちゃんも、さすがに我慢できなくなったのか声を上げて感じ始めました。
「撫でるだけじゃなくて、触って欲しいです…」

生理用の紙パンツの上から割れ目を触れてみると、それまでにはなかった感じ方をするIちゃん。
焦らされる事の虜になってしまったみたいです。
そんなIちゃんの悦ぶ顔を見ながら、割れ目を少しだけ軽く上下に撫でてあげました。

仰向けにすると、快感に酔いしれているような顔付きです。
お腹から胸、首筋へとオイルマッサージを続けると、自然に息遣いも荒くなってきたのが分かります。
乳首の周りを何回も撫でた後、我慢ができないようなタイミングで、優しく優しく乳首を刺激していきます。
右の乳首を舌で舐めて刺激しながら、左の乳首は5本の指を使って順番になぞっていきます。
「もうだめ! おっぱい凄く気持ちいいの!」

今回は手マンやクンニは生理中という事もあって、やらない事になっていました。
ですが、パンツ越しにギンギンに硬くなった僕のものを見たIちゃんは、我慢できなくなったみたいでした。
「お、お願いです。その大きいの、挿れて欲しいです…」

四つん這いの時に気付きましたが、紙パンツは愛液で濡れて透けていましたが、生理の影響はほとんど分かりませんでした。
本格的には始まっていないみたいでした。

「したいの?」
「したいです…」

そんなやり取りをしながら電マであそこを攻めていると、僕のモノを一生懸命に咥えてくれるIちゃん。

セックスの前の前戯がいかに気持ちいいものか、Iちゃんも身を持って感じてくれたみたいです。

改めて確認しても、生理の影響はほとんどない様子。
ならばとしっかりと奥まで深く正常位で挿れました。
それまで我慢していたものを、一気に爆発させるIちゃん。
肩を固定させたまま、しっかりと突いていきます。
「や、や、やん! あ、あん、き、きもちいいの!」

初めて経験する松葉崩し。
僕のモノが奥までしっかり当たって、かなり気持ちいいようです。
その後もバック、寝バック、そして騎乗位、背面騎乗位と体位を変えるたびIちゃんの表情を伺うと、どの体位でも気持ち良さそうな顔で喘ぎまくっています。
特に背面騎乗位では、自分から腰を動かしながら一層乱れまくっていました。
寝バックでは、早く動かした後動きを緩めて奥までゆっくり突いたら、ヒクヒクと身体を反応させていました。
中イキの日も遠くないかもしれません。

「生理が終わったら、またお願いしたいな!」
元気にお願いしながら帰っていったIちゃん。
これからは彼氏にも前戯をお願いするとか。
彼氏がちゃんと前戯してくれるようになればいいですね。

-Uncategorized

Copyright© 中イキ・膣イキオーガズム体験ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.